Click here for menu

危険なハチ

チューリップ

スズメバチの種類には、オオスズメバチとコガタスズメバチ、そして、キイロスズメバチがありますが、キイロスズメバチはスズメバチの中でも凶暴なハチです。 キイロスズメバチは肉食で、他の昆虫を襲って捕食しますが、巣を守る本能がとても強く、巣に近づいてきた動物などを敵とみなして、集団で攻撃してきます。また、キイロスズメバチが持つ毒針は非常に強力で、人間の着ている服の上からも貫通させることができます。 キイロスズメバチに刺されると、激しい痛みと腫れを伴いますが、やがてその痛みは消えて行きます。しかし、2度目に刺されるともっと危険なのです。 なぜならば、キイロスズメバチのハチ毒に対する抗体ができてしまっている場合があって、その抗体とハチ毒が反応することで激しいアレルギー症状を示すことがあるのです。

キイロスズメバチに再び刺されることで、引き起こされるとても激しいアレルギーのことをアナフィラキシーショックと呼びます。 アナフィラキシーショックとは、全身性のじんましんが起こり、吐気や腹痛を起こすこともあります。そして、最も恐ろしいのが呼吸困難になって意識不明や、ひどい時には死んでしまうことさえあるのです。 キイロスズメバチは民家の屋根裏や軒下にも巣を作るために、毎年刺される人が後を絶ちません。ですから、巣を見つけたら決して近寄らず、キイロスズメバチの駆除は業者にやってもらいましょう。 害虫駆除業者の探し方は、インターネットを使うと簡単にできます。また、駆除に必要な料金は害虫駆除業者によっても異なりますから、事前に確認しておいた方が良いでしょう。